暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、4人家族と2匹の犬の日々の暮らしの顛末をお届けします。 趣味はカメラ撮影、観光、旅行、アウトドア、キャンプ、登山、アフェリエイトなどなど田舎暮らしに憧れつつも都心でミニマリスト的な暮らしをしている。 最近はシェア畑を借りて畑仕事もしつつ、ウィークデーはIT関連の仕事をしている者です。 よろしければ読者登録、ぜひぜひよろしく! ↓

ご先祖様の送り火、万燈会。聖徳太子の霊場二番大聖勝軍寺にて

f:id:kumakumakoara:20180815223454j:plain

さてさて、そろそろお盆も終わり。

ご先祖様を送る、送り火の日です。
日本には様々な送り火の行事がありますよね。
京都の大文字焼とか。
長崎県の精霊流しとか。

 

私の地元でも絵灯篭が行われたので行ってきました。

 

f:id:kumakumakoara:20180815224234j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224305j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224320j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224334j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224348j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224401j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224415j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224435j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224451j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224508j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224520j:plain

f:id:kumakumakoara:20180815224539j:plain

ここ勝軍寺がある場所は物部守屋と蘇我馬子、聖徳太子が戦った古戦場。

この地で物部守屋は聖徳太子の軍に敗れたのです。

そして聖徳太子が先勝を感謝するためにこの地にこの勝軍寺を建てたという由来があります。

 

送り火の火を迎えると、いよいよ夏も終わりという感じがしますよね。

まぁそんな感想を書き綴りながら、蚊に刺された足にムヒを塗りつつ過ごすお盆なのでありました。

 

ではでは。