暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS7D markⅡを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。

コメダ珈琲で食べ物を注文する時は要注意ですよ。コメダ初心者はサイズの規模に注意しよう。

父親が認知症で施設に入って約1年。
週末には父親の元に出かけていたのだが、最近では気晴らしに一緒に喫茶店に行くようになった。
施設の近所にコメダ珈琲があるので、父親はコメダ珈琲に行きたがる。

私としては同じく近所にあるサンマルクカフェの方が好みなのだけれど・・・

そんなわけで最近はコメダ珈琲に行くことが多い。

で、先日いつものようにコメダ珈琲に行って珈琲を頼んだ。
少々小腹が減ったので、何か食べる物でも注文しようとメニューを眺める。

メニューに載っているハンバーガーがちょうど手ごろなボリュームぽかったので、コロッケのハンバーガー460円を注文することにした。

 

テーブルにあるボタンを押してウェイトレスを呼ぶ。
ウェイトレスは早速注文を尋ねて来た。

「コロッケバンズを一つお願いします。」と私。

するとウェイトレスは「カットしますか?」と私に尋ねる。

「カット?」はて?となった私。

「いやいやハンバーガーなのでカットは必要ありません。」そう言ったわけだ。

そして数分後にテーブルに届いたハンバーガーを見てビックリ。

 

まるで一眼レフカメラほどの大きなハンバーガーが届いた訳だ。
コメダ珈琲初心者の私にはこのようなサイズの規模だとは知らなかった。

ちょっとコメダ珈琲のハンバーガーのサイズは一般常識からかけ離れているのである。
ちょっとこれは注文する際に注意をしなければならない。

良くあるハンバーガーショップのサイズとは全然違うのだ。
当然、カットしなければ食べれない。

 

「すみません、このようなサイズ感だとは知りませんでした、カットをお願いできますか?」と尋ねたところ、一度テーブルにお出ししたものはカットは出来かねますとの事。

結局、食べきることは出来ず。

 

 

さて、また違う日にコメダ珈琲を訪れた。
この日もちょっと小腹が減ったので何か食べるものをと。

前回はハンバーガーの事件があったので、違うものを頼もうと思う。

メニューの写真を見ると「ジャーマン」というソーセージセットが食べきれそうなボリュームだったので注文。

 

で、テーブルに届いた「ジャーマン」を見てみると、これまた一人では食べきれないほどの山盛りサラダなのである。

もう、メニューに載っている写真のサイズ感と実物のサイズ感が全然違うんですよね。

これ何人前なの?って感じ。

 

結局、またまた食べきれずに・・・

そんなことが続いたので最近ではコメダ珈琲では食べ物を注文しないでいる。
珈琲を頼むと付いてくるトーストとゆで卵だけ。
それで物足らなければゆで卵を追加で注文をするようにしている。

コメダ珈琲の初心者は食べ物のサイズ感に要注意ですよ。

喫茶店で出てくる一般的な食事のボリュームではありませんから。