暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS7D markⅡを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。

アマルフィか、異世界か、西宮名塩ニュータウンという山中にポツンとある未来的な街の光景

f:id:kumakumakoara:20181122192708j:plain

中国自動車道、西宮名塩あたりで突如として目に入ってくる光景。

山の急斜面にそそり立つ白く近代的な建物群。

それが西宮名塩ニュータウンである。
その珍しい情景に思わず目を見張る。

 

f:id:kumakumakoara:20181122193058j:plain

夜ともなればこのような情景。
ちなみにこの写真はwikipediaのもの。

まるでイタリアのようでもあり、絵本の世界のようでもある。

このような情景が撮影出来るスポットを探して、仕事帰りに西宮名塩界隈を車で移動をしていたのだが、とうとう見つけることは出来ず断念。

結局撮影出来たのは1枚目の写真のみ。

中国自動車道から見える西宮名塩ニュータウンの姿はそりゃ綺麗なのだが、当然車を停めるわけにも行かず、で下道である176号線も車を停める場所がない。
自動車道という高い場所から眺めるのが綺麗なので下道から撮影するとどうしても1枚目のような写真になってしまうんだな。

 

いったいこの場所を上手く撮影する場所って何処にあるのだろう。
時間が許す程度で周辺を車で探って見たのだが、なかなか絶景ポイントは見つけられずタイムオーバー。

 

f:id:kumakumakoara:20181122194627j:plain

で、この場所が面白いのは駅からニュータウンに向かうには「ナシオン斜行エレベーター」というニュータウンに向かう専用エレベーターがあるところ。

 

日本の中でもこのような街づくりは極めて珍しいのだと思う。

その街の姿をぜひみなさんに紹介したく、撮影スポットを探したのだけど空振りに終わってしまった。

 

いやでも51号線、有馬街道という絶景の道を知れたのは良かった。
初めて有馬街道を走ったのだけれど、紅葉に染まった山々は非常に美しく、こんな綺麗な景色が見れるとは。

 

f:id:kumakumakoara:20181122201108j:plain

でもやはり残念だったのは駐車する場所がなく、カメラで撮影することが出来なかったという事。

展望台などを作っていただければそれなりに訪れる人も増えるのではとも思うのですが・・・

カーナビ代わりにしているGoogleMapを見ると蓮菜峡あたりに紅葉のマークが表示されていたので、これは絶景ポイントとしてそれなりに立ち寄れるスポットがあるのかもしれないと向かったわけですが・・・

残念ながらただの峠道として道が続いているだけで、展望スペースもなく、路肩に車を停めるスペースもなく、只々車を走らせながら絶景を眺めるほかなく、非常に勿体ないなぁと思う始末。

少しでも車を停めれる場所があれば、SNS等で拡散される可能性のあるのになぁ。

そんなことを思った今日なのでありました。
ではでは。