暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS Rを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車はVersys-X250

45歳を超えてシミ対策が気になったので男のエイジングケアを初めてみようと思う。

f:id:kumakumakoara:20190513190522j:plain

 

令和元年で47歳となる私。
最近、ほほに出来た5㎜程度の黒ずみが気になる。

瘡蓋だと思っていたのだけれど。
なかなか消えない。
これはシミなのかな。

ってことで、シミ予防を考えてみる。

ドラッグストアに行くと
男性化粧品の棚には数々のエイジングケア製品が・・・


とりあえずニベアブランドが充実してそうだったので手に取る。

 

シミを防ぐ化粧水。
ニベアメン アクティブエイジローション。


するとその横には同じような効能が書かれた
また違うニベア製品が・・・

 

シミを防ぐ乳液。
ニベアメン アクティブエイジバーム。

 

さらにその横には同じような効能が書かれた
また違うニベア製品が・・・

 

シミを防ぐクリーム。
ニベアメン アクティブエイジクリーム。

 

これまで洗顔料ぐらいしか使ったことがないので・・・
これらのバリエーションをどのようにチョイスして、
どう使い分けるものなのかが良く分からない。

 

よく女性の方が化粧水をつけて、乳液をつけて・・・
なんて聞いたりするので、すべてを総合的に活用するものなのかもしれない。

 

いやいや、そりゃないだろう。

でも、磯釣りなんかのマキエやコマセではいろいろな餌をミックスするしなぁ。

 

肌のエイジングケアもいろいろとレイヤー層によって使い分けるものなのか。

 

でもドラッグストアの棚にはそのような説明はないし。

化粧水、乳液、クリームをすべて買うべきなのか。

それとも化粧水、乳液、クリームと好みのタイプを購入すべきなのか。

 

しばらくドラッグストア内で他の製品も比較しながら検討。

とりあえず必要最小限であろうと思う商品だけを購入することに。

 

それが、
ニベアメン
薬用アクティブエイジローションX。

小林製薬
MEN’Sケシミン。

 

ニベアメン薬用アクティブエイジローションXで全体的にシミを防ぎ、

小林製薬MEN’Sケシミンで気になる部分を集中治療。

 

どうだろうか。
こんな使い方であっているのだろうか。

 

男性だから、スキンケアの基礎的な使い分けが分からないから使用用途に悩むのか。
それともスキンケアに気を付けている女性でも悩むものなのか・・・

 

こりゃスキンケア初心者には何を基準に選べばいいのか難しい。

まるで、登山時のレイヤリングのようで・・・

 

全部同じ効果効用なんだけれど、タイプは化粧水、乳液、クリームと。

この使い分けってどのようにすればいいんだろうか

 

ではでは。