暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS Rを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車はVersys-X250

Şonyの広告に使われている写真のレタッチがあからさまにおかしい。

Sony広告

Facebookを眺めていると、流れて来たSonyのカメラα7の広告。

見てみて、「なんじゃこの雑なレタッチは!Sonyよ、どうした!」と思ったので、話さずにはいられない。

 

 

Sony広告


どうだろう、お分かりいただけたであろうか。

このバイクは宙に浮いているとしか思えないのである。

そしてバイクスタンドの影が何処までも延びている。

 

家族の愛しい表情も、旅先で出会う鮮烈な情景も。
かけがえのない瞬間すべてを上質に、こだわりの質感で描きたい。
この一台で、人生はもっとドラマになる。

とのコピーが空しく思えるほど・・・

上質?こだわりの質感?
たしかにドラマといえばドラマだが・・・(ちょっと嫌味過ぎたかな。)

 

Sony広告

Facebook広告の比率では元素材の天地が足らなかったのだろう。

あからさまにPhotoshopで地面を引き伸ばされている。

 

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのカメラメーカーであるSony。
カメラメーカーがこのような単純なレタッチミスを見過ごすとは・・・

なんだか非常に残念。

Sonyのクリエイティブにリスペクトをしていただけに、


「Sonyよどうした?」

そう思ってしまった。

 

たぶん単なるチェックミスなのだろうけど・・・

このような広告を見てしまうと、何だかSonyのSonyたるこだわりを感じなくなってしまうんだよな。