暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

秘境の温泉感が味わえる奈良県吉野入之波温泉湯元 山鳩湯までソロツーリングだ。

f:id:kumakumakoara:20200211203116j:plain

2月上旬、暖冬で暖かった今年の冬ですが、立春が過ぎたあたりから、一気に冷え込んだ。
北海道では19年ぶりの-36℃って。
そんな週だったので、特に週末のお出掛けの予定は立てていなかったのだが・・・
今日はなんだか晴天で暖かい。

日付は建国記念の日の2月11日休日。
これだけ晴天で暖かいと出かけないと勿体ない。
明日から数日は天候が悪いというし。

 

ってことで、バイクで奈良吉野方面までソロツーリング。
目指すは入之波温泉(しおのはおんせん)。
国号169号線をひた走る。

写真は道の駅 杉の湯川上からの情景。
山奥にかすかに残雪が残っている。

 

f:id:kumakumakoara:20200211203710j:plain

昨年はこの先のトンネルが通行止めとなり、かなりの迂回をさせられた。
今年は大丈夫だな。

 

f:id:kumakumakoara:20200211204149j:plain

景色が良さそうな場所を見つけて、しばらく景色を眺める。

風が強く、無茶寒い。

 

f:id:kumakumakoara:20200211204428j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211204453j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211204518j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211204536j:plain

吉野川がめちゃめちゃエメラルドグリーンで綺麗だわ。
夏はここまでエメラルドグリーンではない印象。
真冬だからかな。


なんて見惚れていると・・・


救急車のサイレンが・・・
その後、消防車もサイレンを鳴らして通り過ぎていく。

こりゃ何事か?

 

なんて思いながら、バイクを走らせると・・・
なんとバイク事故。
搭乗者はすでに救急車で運ばれたようだが。

路肩に停められたバイクを見るとたいした損傷はないみたいだけど。

ちょっと気を引き締めて走らねば。

 

f:id:kumakumakoara:20200211205439j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211205750j:plain
ってことで自宅から2時間程度走って入之波温泉 山鳩湯に到着。
多数の車が路肩に停めてある。

私も温泉横の路肩に駐車。
ここの温泉は山奥ゆえに駐車スペースが少ないのが難点。

 

f:id:kumakumakoara:20200211205824j:plain

ちなみに入浴時間は10時~17時まで。
まぁ山奥なので17時以降は真っ暗だからね。
ちなみに入浴料は大人一人800円。

 

f:id:kumakumakoara:20200211210520j:plain

建物の外には流れ出る湯の茶褐色の成分が固まっている。
ちなみにこの温泉の湯舟もこんな感じで茶褐色の結晶が固まった湯舟なのだ。

 

f:id:kumakumakoara:20200211210857j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211210058j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211210815j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211210833j:plain

ではでは湯舟へ。

この日は15人ほどのお客様がいた。
入之波温泉は硫化水素臭で淡黄褐色の温泉。
湯舟にはゴツゴツと湯の成分が結晶化しており、温泉気分満点。

和歌山の花山温泉と同じ感じの温泉だ。

のんびり40分ほど湯舟に浸かる。
元湯は39℃なのだが、湯舟のお湯の温度はそれよりも低い。
なので湯が沸き出る暖かい場所のポジション取りが静かに繰り広げられる。
まぁそんなポジション取りをしながらゆっくりと体を温める。

 

f:id:kumakumakoara:20200211211426j:plain

しっかりと体を温めて、湯舟を出る。
温泉の外気温を見てみると気温10℃。
2月の吉野としてはかなり暖かい。

 

f:id:kumakumakoara:20200211211944j:plain

温泉の休憩所に向かうと日差しがこれまた暖かく。
なんだか真冬とは思えない心地よさ。

 

f:id:kumakumakoara:20200211212136j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211212152j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211212210j:plain

温まった体でのんびりとツーリングを楽しみながら撮影。

 

f:id:kumakumakoara:20200211212308j:plain

f:id:kumakumakoara:20200211212322j:plain

帰りに道の駅 杉の湯川上で和風ラーメンを食べて家路に向かう。

って事で今日はこれまで。
ではでは。