暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

明治38年に大阪で起こった大事件、堀江六人斬り事件で両手を失った日本画家、大石順教尼を知る。

明治38年6月20日の夜、大阪の堀江で大事件が起きた。
大阪の堀江遊郭の貸座敷「山梅楼」の楼主「中川萬次郎」は店の抱え芸者に手をつけるほどの無類の女好きであったそうな。

内縁の妻の姪「あい」を養女としてもらいうけ、強姦同様にして正式の妻にする。
「あい」が自分に心を開かないことにが気に入らなかった「中川満次郎」。

自分の言うことをきかせるために暴力をふるい、「あい」に詫び状を書くことを迫る。
「あい」は詫び状を書いた後、「山梅楼」から失踪。
ある男とを駆け落ちをした。

怒った「中川満次郎」。
「あい」を探すも、人々は知らぬ存ぜぬの一点張り。
自分の周りの人間は全員グルになっている。
そう考えた「中川満次郎」は日に日に恨みを募らせていく。

事件の数日前、「中川満次郎」は馴染みの客に「今日は日頃の目的を達することに決心したので皆を招いたのだ」と意味深な発言をしていたらしい。

そして6月19日。
梅雨時の長雨で気分がさえないから、家族でおおいに散財しようではないか。
そういって、西洋料理や日本料理などを注文し、家族に振舞って大宴会。

宴会は夜半3時ごろまで続き、家族が寝静まった明け方4時ごろ。

「中川満次郎」は起き上がりタンスから刃渡り一尺八寸の日本刀を取り出し、家族殺傷を決意。


隣の部屋の襖を開け、寝ている義母「こま」の上に跨り右後頭部に向かって躊躇わず一太刀。
「キャッ」と叫ぶ「こま」にもう一太刀。
叫び声に飛び起きた「すみ」に対しても頭を斬りつけ胸部を袈裟掛けに浴びせ斬り。
二人は死骸となって転がった。

二人を殺害した萬次郎は更に狂気し2階へ上がる。
表座敷で寝ている「安次郎」の首を斬りつけ、「ウンウン」と唸り出したので首を斬り落とす。
「安次郎」の隣で寝ていた「妻吉」はビックリして目を覚まし叫び声を挙げるや「中川満次郎」は「妻吉」の左腕を一刀で斬り落とし、続いて右腕も深く斬り込んだ。「人殺し」と絶叫する「妻吉」の口内に血刀を付き込み、「よくも、わいの悪口をしゃべりおったな」と舌を切り裂き顎を削いた。
「妻吉」はその場に倒れこんだ。

f:id:kumakumakoara:20200614180531j:plain

で、この「中川満次郎」に腕を切られた「妻吉」が、後の日本画家、大石順教尼なのである。

養女となった義理の父に両腕を切られるとはなんとも壮絶な人生。

f:id:kumakumakoara:20200614180844j:plain「妻吉」は両手を失った後も芸事に励み、双手無き芸妓妓として寄席の高座に立ち、客入りは盛況だったとのこと。

その後、旅芸人として全国を巡っていた際に、カナリアがヒナに口移しで餌を運ぶ姿を見て、口筆を思いつき、独学で書画を始め、寄席の舞台から惜しまれながら引退。

その後、1931年に妻吉自叙伝・堀江物語を出版。
映画化されて、全国的な大反響となる。
当時、障がい者の福祉がない時代であったため、障がい者福祉に尽力し、様々な相談を受ける一方、法の道へも熱心に。
高野山山本王院にて写経を納め得度、法名を大石順教と改める。
そして、1936年、身体障がい者福祉施設相談所を設立。
1937年、当時日本を訪れていたヘレンケラーと対談。
口書般若心経が日展書道部に入選し、日本画家として活躍。

と様々な苦難を乗り越えて障がい者支援、日本画家、仏教と幅広く活躍した人物なのである。

で、私はこの人物の存在を知らなった。

大石順教尼記念館先日、真田幸村ゆかりの地、和歌山県九度山町を訪れた際、現地の観光案内で知った大石順教尼記念館。

大石順教尼って誰?
ってことで訪れてみると、丁寧に現地の方が記念館の中を案内してくれた。
口書般若心経の実物はじめ、様々な大石順教尼に日本画が展示されていて、こりゃ新たな知識を得たわと大変満足だったのだ。
この屋敷には欄間があり、その欄間が隠れ六文銭となっている。
屋敷の中を撮影をしてもよいかと尋ねると・・・
現地の案内の人撮影を見てなかったことにするから・・・
って言ったいたので公開は控えておく。

ってこんなことを書くとまずいかな・・・

ってことで今日はこれまで。
ではでは。