暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

実家の仏壇に手を合わしたら摩訶不思議な現象が起きた。

f:id:kumakumakoara:20200623204311j:plain

 

父親が認知症になり施設に入ってもう2年が経とうとしている。
父親が暮らしていた実家は無人のまま。

母親の仏壇がそのまま残されているのが気がかりで、なんとかしなくちゃと思いながらも2年が経ってしまった。

先日、そんな実家の植栽や雑草の処理を行うために実家へ。
半年ぶりに実家に来てみたのだがやはり植栽は伸び放題、雑草は生え放題であった。

とりあえず居間に行って照明の電気をつける。
仏壇の扉を開けて、まずはご先祖様にあいさつを。

で、外で草刈り作業をするため、居間の照明を消す。

およそ2時間ほどだろうか、伸びた植栽を切り、雑草を刈り、一通りの作業が終わった。

もう陽はかなり傾いて居間に戻るとずいぶんと暗い。

照明のスイッチを押して照明をつける。
作業が終わったので仏壇に手を合わせて、仏壇の扉を閉じる。

帰ろうかと照明の電気を消す。
が、スイッチを押しても消えない。

「あれ」

再び何度か照明のスイッチを押す。

だが、照明は全然反応せず照明が消えない。

「え!なんで!さっきは消えたのに」

その後何度もスイッチを押すも・・・

全然照明が消えない。

「はて、これは帰るなということか?」

そんなことを思いながらスイッチを押しているのだが、全く照明は消えず。

「やはり、帰るなということかな。」

らちがあかないので、玄関の外で待っている嫁さんを呼んだ。

ことの事情を話し、居間まで来た嫁さん。

「ほら、全然照明が消えへんねん。」
そう言って何度も照明のスイッチを押して見せた。
カチカチといっているので確実にスイッチは押している。

すると嫁さんが・・・
スイッチに手を伸ばし、スイッチを押した。

すると・・・

照明が消えた。

と同時に2階の方で「ゴン!」という物音が・・・・

「え~!」て声を上げて、二人で目を合わした。

2階に上がってみたものの、特に変わったこともなく。
いったい何の音だったのか。

超偶然が重なっただけなのだろうけど、きっと何かのメッセージなのだろうな。

やはり母親が寂しがっているだと思う。

早く仏壇を父親の元に移動しなければ・・・

実はそのことも踏まえて5月に法要をする予定だったのですが・・・
コロナの影響で延期になってしまいまして。

そんなことを思う今日この頃です。

ではでは。