暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

奈良県平群町は夏秋期の生産量が日本一という小菊の大産地。身近な地元の広域農道を調べてみよう

奈良県平群町小菊畑と夏の空

奈良県平群町小菊畑と夏の空

奈良県平群町小菊畑と夏の空

奈良県平群町小菊畑と夏の空

今日も厳しい暑さだわ。
もう火傷しそうなほどの日射しにうんざりなんだけど。
で、見上げると見事な夏の積乱雲に「あ~日本の夏だなぁ。」なんて思うわけ。

日本の夏というとキンチョウの夏でもあって、キンチョウといえば除虫菊。
除虫菊ではないけれど菊繋がりで、ここは奈良県平群町。
小菊の名産地であり、お盆やお彼岸で需要のあるお墓参りや仏壇に供える菊の生産量日本一なのだ。

写真はその小菊畑と夏空を撮影したもの。
お盆に仏壇に供える花を求めに、道の駅「大和路へぐり」へ行く道すがらに撮影。

で、小菊の名産地だけにフラワーロードと呼ばれる広域農道があり、近場のプチツーリングコースとしてたまにパトロールをしているのだ。
奈良のサイクリングコースとしてならクルマップにも掲載されている道。
サイクリングコースとしては大阪柏原市のブドウ畑を縦断する河内グリーンロードが有名だけど、フラワーロードの方が見晴らしがよくて気持ちがいい。

広域農道というとフルーツラインとかフルーツロードとい果実畑の広域農道も奈良県や和歌山県にあったりする。
信号がなくってアップダウンがあってドライブするのに気持ちの良い広域農道。
コロナ禍で遠出の外出が気になる方は、気分転換に地元の広域農道を調べてドライブっていうのもいいんじゃないかなぁ。

あらまぁこんな近場にこんなに気持ちがいい場所が・・・
なんて発見に繋がるかもしれませんよ。

まぁ今日はそんな話です。

ではでは。