暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

16の質問に答えるだけで自分の考えに近い政党が分かる。どの政党に投票すればいいのか分からない人にぜひ。


さてさて、先ほど期日前投票に行って来ましたよ。
これで日曜日の選挙開票特番がまたまた面白くなるんだなぁ。

で、このところ若者の投票率が低いことが問題となっておりますが・・・

若者が100%全員投票に行っても、シニアの66%の以下の投票数にしかならないんだって。
少子高齢化で、若者とシニアの1票の格差がこれほどまでとは・・・

そりゃ投票に行っても無駄。
ってなる気持ちも分かる気がする。
若者の投票数はポイント2倍ぐらいしてもらわないと割に合わんよな。

で、政治に無関心というわけではないが、どの政党を応援すればいいのか分かりません。
という方。

16の質問に答えるだけで自分の考えに近い政党が分かる「JAPAN CHOICE」というサイトを一度覗いてほしい。

japanchoice.jp

質問に答えていくと、自分がどの争点、政策に重点的に関心があるかという事が分かるはず。

まずはその争点1点に絞り、賛同できる政党に投票するのもありだと思う。
もうそれで31日夜の選挙特番が楽しみでいられなくなるはず。

で、私のマッチング結果はというと・・・

青いグラフが私が重視した政策。
おやおや、「れいわ新選組」と「日本共産党」に100%マッチしているわけだが・・・
いやいや今までの人生で一度も投票したことがない政党だわ。

うむむ、こりゃ興味のある政策1点に絞って投票するのはなしか・・・

ちょっと回答の選択が革新的過ぎたようだ。

ではでは。