暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

和歌山県道24号御坊由良線にある全長5mのザクもどきがGoogleMapに「ロボット像」として登録されてて草

五條市 ザクもどき
さてさて、今日は所要で和歌山県道24号御坊由良線を走っていると・・・
「なんだあれは!!!」

ってものが目に飛び込んで来た。

五條市 ザクもどき
「ザクか?」

五條市 ザクもどき

五條市 ザクもどき
これじゃない感が漂うザクもどきの像。
ド派手にウェザリング処理をされ、両手を失っているようだ。

五條市 ザクもどき
よくよく顔を見ると、ザクの顔にあるのはチューブではなく、何かとがった牙のようなものだった。

なんかガンダムのパチモノ、「モビルフォース ガンガル」に近いものを感じる。

五條市 ザクもどき
こりゃいったい何の目的でここにあるのだろう。
気になって家に帰って調べてみると、2010年には和歌山県道24号御坊由良線の天理市あたりに設置されており、手には誘導棒を持って交通ルールの取り締まり啓蒙するためのものであったらしい。

ならば、自治体や警察が関与しているのかと思うのだが、どうやらそうでもないらしいのだ。

製造したのは奈良県北葛城郡にあるプロアート株式会社看板作成業者との事なのだが・・・

謎だわ。
いったい誰が何の目的でこのような像を作って、交通ルールの啓蒙をしようと思ったのか。

こりゃぜひ探偵ナイトスクープで解明してほしいわ。

で、交通ルールの啓蒙活動を終えたこのざくもどきの像は、その後、和歌山県道24号を転々としているみたいで、あちこちで目撃情報がネットに残っていた。

で、2022年現在、かつては誘導棒を持っていた両手も失い、ただただ和歌山県道24号を行き交う自動車を見守っている。

で、Googlemapで位置を確認してみようと思い、調べてみると・・・
Googlemapになんと「ロボット像」として登録がされていたので驚いた。

こんな珍スポットまで登録されているとは・・・

ってことで今日はこれまで。
ではでは。