暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS7D markⅡを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。

大阪での地震の当日、Googleが本当に伝えたかったものとは何なのだったのだろうか?

大阪で震度6弱の地震が襲った6月18日当日。

Googleで「地震」と検索してみると・・・

 

f:id:kumakumakoara:20180703170508j:plain

上記のようなSOSアラートが表示されていた。

さらに検索画面を下へスクロールすると・・・

 

f:id:kumakumakoara:20180703170624j:plain

「影響を受ける地域」なるものが表示されている。
どんな情報が得れるのだろう・・・

 

【地図で表示】ボタンがあるので、Googleマップ上で影響の範囲が確認出来るのでは・・・

 

そう考えた私。
【地図で表示】ボタンをクリックしてみる。

すると・・・

 

f:id:kumakumakoara:20180703170913j:plain

すごくピンポイントの範囲で「大阪での地震」というPINが立っていた。

 

f:id:kumakumakoara:20180703171140j:plain

なぜ、そこにPINが・・・

理由はよく分からない。

推測するに、Googleは災害情報をGoogleMap上に表示することを試しているっぽい。

 

今回の挙動は情報として全然意味がないものではあるが、近い将来、緊急避難所が開設されている場所や、危険エリアなどがGoogleMap上で確認出来れば、役立つことこの上ない。

 

何だか未来の防災システムを垣間見た気分だった。