暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS Rを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車はVersys-X250

クマノザクラを撮影に和歌山県瀞峡までソロツーリング。クマノザクラって2018年に新種と判断された早咲きの山桜なのです。

さてさて、3連休のど真ん中。
天気予報によると晴天で気温は20℃近くにもなるのだそうで・・・

こりゃ絶好のツーリング日和ではないか。
ってことで今日は今年初ツーリングって人も多かったのではないでしょうか。

っていうか実際に多かった。
かくいう私も、ちょっと早いけれど山桜の絶好ビューポイントを探して、和歌山県の瀞峡まで行ってまいりました。(独りぼっちのツーリングだけどね。)

いやいや本当にバイクが多いわ。
そして観光地へと向かう車も多い。

慣れない道を走る車で渋滞気味になることも多く、みんなちょっとイライラ気味なのが運転状況からヒシヒシと伝わってくる。

で、私はというと国道168号線で瀞峡へと向かう途中に黒いオデッセイには煽られ、ガードレールに突っ込みそうになったわ。

ノロノロも困るけど、イライラもほどほどに・・・

 

 

2018年に発表されたクマノザクラって知ってます?

瀞峡クマノザクラ

道すがらボチボチと桜が咲いてますね。

 

瀞峡クマノザクラ

f:id:kumakumakoara:20200321210735j:plain

瀞峡クマノザクラ

桜の品種は何でしょうね。
ヤマザクラでしょ。
いやいや違うんです。

クマノザクラは 、新しく発見された品種で、2018年に学名Cerasus kumanoensis T.Katsukiとして発表された野生種なのです。

ってめっちゃ最近のことですやん。

これまでヤマザクラとして扱われていたのですが、なんと、開花が早く、花弁が淡紅色、開花時に葉が伸びないなどの細々とした違いがあるようで・・・(専門的にはもっといろいろな特長があるようなのだが長々しくなるのではしょる)

ようするにソメイヨシノとは違った新たなサクラの品種として登録をされているそうな。

 

ソメイヨシノよりも少し早く開花するとのことで、3月中旬~下旬に咲くのだとか。
だったらもしかして見頃かなってことで和歌山県瀞峡へ。

 

f:id:kumakumakoara:20200321211839j:plain

とりあえず、瀞峡めぐりの里熊野川にて情報収集。
クマノザクラめぐりマップを入手。

瀞峡クルージングも魅力的だったのだが、大人一人3,500円だったのでまた今度。
って今日の目的はそれじゃないだろうに。

 

f:id:kumakumakoara:20200321212950j:plain

こちらが瀞峡めぐりの里熊野川で入手したクマノザクラめぐりマップ。
全部はまわれないだろうけど。

 

緑萌えな瀞峡

瀞峡とりあえず瀞峡を目指して走ってのですが・・・

瀞峡見晴らしの良さそうな橋があったので撮影。

瀞峡瀞峡
いやここすごいね。
見渡す限りの緑。

瀞峡瀞峡橋から下をのぞくと・・・
ウヒョー。結構高い。
手すりが腰の下までしかないから、カメラで真下を撮影するのもちょっと落ちそうで怖い。

瀞峡いやいや今日は本当にいい天気で暖かいわ。

瀞峡さてさて、ツーリングのバイクが多い主要道路から脇道に入って・・・

瀞峡瀞峡山の上の方まで

クマノザクラを撮影

クマノザクラクマノザクラクマノザクラクマノザクラクマノザクラクマノザクラクマノザクラクマノザクラすごい満開。
やっぱりソメイヨシノよりも開花シーズンが早いんですね。
まさに今が見頃の桜でした。

クマノザクラクマノザクラクマノザクラクマノザクラクマノザクラまだまだ満開の桜はちらほらでしたが、まぁ春らしい光景には出会えました。

 

 ツエノ峰が絶好のビューポイントらしいので行ってみたら・・・

f:id:kumakumakoara:20200321220059j:plainくまのおもしろ珍景・絶景だと・・・

f:id:kumakumakoara:20200321220121j:plainツエノ峰ビューポイントだと・・・
これは行って見てみないとな。

f:id:kumakumakoara:20200321220319j:plainどうやら左側の上り坂を上っていくとツエノ峰ビューポイント。

f:id:kumakumakoara:20200321220435j:plainおいおい!舗装道路じゃないのかよ!

瀞峡瀞峡なんかやばそうな道へと来てしまった。
こましな路面状況で停車して撮影をしているのだが・・・
路面状況はこの写真よりもさらにひどい。
轍はえぐれ、大きな石がゴロゴロと・・・
これ、絶対普通車じゃ腹こする道じゃないか。
はたしてどこまで続くのだろうか・・・
こちとりゃノーマルタイヤなのだが・・・

瀞峡悪路を進むこと約10分。
気分的はその倍ぐらい走っていた感じだわ。
独りで心細かったし。
で、到着した場所ははというと・・・

瀞峡瀞峡ん!
東紀州イーグルパラグライダークラブだと・・・

瀞峡ええ~。パラグライダーの出発ポイントじゃないか!
こんな場所からパラグライダーって飛んでるのね。

瀞峡

まぁすごい絶景ではあるけれども・・・

瀞峡瀞峡瀞峡おいおい道案内が示すとおりに来てみたけれど。
これ、普通車の侵入注意とか、なんかアナウンスがあった方がいいじゃないの。
ここのダートは結構過酷だわ。

ってことは今日はここまで。
ではでは。