暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

コスパ最高と評判が高いマンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5を購入したのでマンフロットのトラベル三脚「befree」と比べてみる。

f:id:kumakumakoara:20200322073832j:plainさてと、ヨドバシカメラから荷物が届きましたよっと。

Element トラベル三脚MKELEB5BK中身はマンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5。
イタリアの三脚メーカーであるマンフロットにしては価格が安い。
なんと1万程度で購入できるとは・・・
このコスパの良さでチラホラと好評の声を聞き、気になっていた三脚。

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5このような専用ケースに入っている。
以前から出てたマンフロットのトラベル三脚Befreeのケースと比べると多少簡易な印象。

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5上がマンフロットのBefreeのケース。
下がElementのケース。
ケースを見る限りではそのコンパクトさは微妙な違いにみえる。

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5本体で比べるとそのサイズ感は一目瞭然。
やっぱりElementのこのコンパクトさは魅力。

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5Befreeと比べると5㎝ぐらいは短い印象。

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5Befreeの自重は1.4kgでElementの自重は1.2kg。

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5雲台を比べてみるとアルカスイス互換のプレートの装着方法がBefreeとElementでは違っている。

またバルブ水準器もついている。
っていうか比べてみるとBefreeの方がお値段が高いのにElementの方が質感がいいのはなぜなんだ。可動はBefreeと比べてElementの方がシルキーな印象。
なんかBefreeのプラスチック感がちゃちく見えるなぁ。

マンフロットbefreeこちらがbefreeの雲台。
プラスチック製のレバーで固定する仕組み。
これ結構装着しずらかったのだが・・・

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5こちらがElement。
プレートをナットで固定する方式。
こっちのほうが単純で装着しやすい。

マンフロットbefreeこちらがbefreeの全伸高イメージ。

マンフロットbefree私の身長は168cmなのですが、普通に立った状態の目線にカメラが来る感じ。
顔の前にカメラがある。

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5こちらがElementの全伸高イメージ。
befreeと比べると多少華奢に見えるかもしれない・・・

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5カメラ位置はbefreeと比べると顔の前にカメラが来る感じではなく、ちょっと腰を曲げてファインダーをのぞく感じ。

全伸高に多少の差を感じるけれど、この差でわざわざ価格の高いbefreeを選ぶかなぁ。

もうbefreeの存在意義が分からなくなってきたわ。
にしてもなんで1万円のElementの方が質感がいいだろう・・・

こりゃElementの評判がいいわけだわ。

 

マンフロットのトラベル三脚「Element」MKELEB5こんなアタッチメントまでついているし・・・
こんなの私がbefreeを購入した時はついてなかったと思うのだが・・・

この差はなんなんだよ。