暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

奈良県御杖村、室生赤目青山国定公園に指定されている三峰山(みうねやま)の不動滝が凍っていると聞いて来てみたのだが・・・

奈良県御杖村、室生赤目青山国定公園、三峰山(みうねやま)
さてさて、今日は奈良県御杖村まで。
室生赤目青山国定公園の三峰山(みうねやま)にある不動滝が凍っているというのをネットで知ってやってきたわけだが。

露氷(ろひょう)まつりって書いてあるが。
露氷という言葉を初めて知ったわ。
これまで樹氷でひとまとめにしてたんだけど。

樹氷は露氷の一種で、完全に氷に覆われた柱みたいになったものをいうだな。
だから木の枝1本1本に氷層が付着しているぐらいのものは霧氷という。

ほーん。
そうなんだ。
知らなんだ。

でも大阪の金剛山なんかは樹氷って言われてるし、よくわからん。
どう考えても金剛山は霧氷なんじゃないの。

奈良県御杖村、室生赤目青山国定公園、三峰山(みうねやま)
で、山頂の方に目をやると・・・
ええ感じで白銀の世界になってるし。

いや~ええ感じですやん。
初めて来たけど、こりゃ登りたいわ。

三峰山の霧氷まつりって知らんかったわ。
今後また登山にこよ。

三峰山(みうねやま)
さて、ここから不動滝まで歩く。
ここの駐車場は無料だし、駐車場の数も多いのがいいわ。

三峰山(みうねやま)
三峰山登山口の駐車場から歩いて30分で不動の滝とのこと。

三峰山(みうねやま)

三峰山(みうねやま)
歩いているうちに粉雪が・・・
只今の気温0℃だと。

三峰山(みうねやま)
登山道の道端にて。
こんな苔むした場所にも霧氷って成長するんだな。
まるで菌のように細く伸びた氷の結晶。
なぜにここだけ成長したんだ?

三峰山(みうねやま)
ここから藪の中の登山道を歩いて10分ほどで不動滝とな。
本格的な登山の格好をした人が多い印象。
自分が知らないだけで結構有名な山なんだな。

三峰山(みうねやま)
不動滝までの道はこんな感じ。
沢を見おろしながら歩く。


湧水で植物の葉ごと凍っとる。
なんかグミみたい。

三峰山(みうねやま)不動滝
さてさて、この不動堂の裏が不動滝。
滝行の修行場になっているんだなぁ。

三峰山(みうねやま)不動滝
Canon EOS R EF16-35mm f/2.8L USM NDフィルター64 ISO 100 18mm f/16 15.0sec


で、こちらがその不動滝。
ぜんぜん凍ってないがな。
ネットニュースで見たのと違う。
残念ながらもうすでに氷は解けてしまったらしい。

まぁ暖かい日が続いたからなぁ。
そうだろうなとも思いながら、やっぱりかぁという感じ。

三峰山(みうねやま)不動滝
Canon EOS R RF24-105mm f4 L IS USM NDフィルター64 ISO 100 24mm f/20 15.0sec

三峰山(みうねやま)不動滝
Canon EOS R RF24-105mm f4 L IS USM NDフィルター64 ISO 100 39mm f/20 15.0sec

三峰山(みうねやま)不動滝
Canon EOS R EF16-35mm f/2.8 L USM NDフィルター64 ISO 100 16mm f/10 10.0sec

三峰山(みうねやま)不動滝
Canon EOS R EF16-35mm f/2.8 L USM NDフィルター64 ISO 100 35mm f/14 15.0sec

まぁでもこれはこれで美しいので小一時間ほどあれこれトリミングを変えて撮影。
その間、どんどんと登山客が往来している。

やはり結構有名な登山ルートなんだろうね。

いや小一時間も留まっていると体が芯から冷えるわ。
ってことで退却です。


なんか山岳遭難事故多発って・・・
そんな危険な山なんだろうか。

家に帰って調べてみると・・・

【レベル】 初心者〜初級者
【歩行時間(休憩含まず)】 4時間30分
【歩行距離】 11km
【最大標高差】 657m(最高地点:三峰山山頂1,235m、最低地点:三峰山登山口565m)

だとのこと。

いつかチャレンジだな。

ってことで今日はこれまで。
ではでは。