暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

Photoshopで簡単加工、オートン効果で光があたる場所だけを絵画のように幻想的にしてみる。

f:id:kumakumakoara:20211125182105j:plain
この写真をPhotoshopで加工してオートン効果で光をふわふわな感じにしてみると。

f:id:kumakumakoara:20211125182212j:plain
絵画というよりもCGゲームのような雰囲気に。

f:id:kumakumakoara:20211125182312j:plain
こちらの写真にオートン効果を適用すると。

f:id:kumakumakoara:20211125182339j:plain
遠近感がより強調される感じ。

f:id:kumakumakoara:20211125182438j:plain
こちらの写真にオートン効果を適用すると。

f:id:kumakumakoara:20211125182457j:plain
紅葉のコントラストがより強調される感じ。

f:id:kumakumakoara:20211125182555j:plain
こちらの写真にオートン効果を適用すると。

f:id:kumakumakoara:20211125182613j:plain
手前の緑がより迫りくる感じになる。

f:id:kumakumakoara:20211125182712j:plain
こちらの写真にオートン効果を適用すると。

f:id:kumakumakoara:20211125182724j:plain
シルエットの向こう側の光がより強調される感じ。

オートン効果とは通常の写真にピントをぼかした写真を重ねてもわもわ・ふわふわ感を演出するものでまぁテクニックっちゃテクニックなんだけど、全体に適用すると、いかにも的な仕上がりになることも多く、光があたっている個所にちょっとオートン効果を適用すると、そこそこ伝えたい写真に近づくのかなぁ。
なんて思う今日この頃なんだけど。

不自然感をどこまでぬぐい取れるかの手加減がなかなか難しいんだよな。