暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

和歌山県の珍スポット。お城の中に温泉?湯浅温泉 湯浅城へ。

湯浅温泉 湯浅城
さてさて、今日は和歌山県の珍スポットである湯浅城へ。


紀州最古の城跡として湯浅城跡は国の史跡とされていて、湯浅城は康治2年(1143年)の平安時代末期に地方豪族の湯浅一族、湯浅宗重によって在田郡の青木山に築城された山城。
代々湯浅氏が居城し、湯浅城は要害として知られ、文安4年(1447年)に畠山氏がこの城を三度攻めてようやく落としたとされたそうな。

そんな湯浅城が・・・

デデン!
この湯浅城は1982年に湯浅のランドマーク、国民宿舎、日帰り温泉施設としてとして建てられたそうな。
こんなお城の国民宿舎なんて全国でもそうそうないだろう。
民間企業のものなのか、第三セクターのものなのかその成り立ちはよくわからないのだが。


いやいやなかなか見ごたえありますね。


玄関を入ると館内はこんな感じ。


こちらがフロント。
っていちいち説明しなくとも分かりますわな。


券売機で入浴券を購入。
大人一人500円とな。
こりゃ安い。


こちらは休憩スペースかな。


毀滅の刃のコスプレ衣装などもあり、ここで羽織って撮影するってことなんだろうな。
確かに庭園などもあり、手軽に記念写真が撮れそう。


なんと秋篠宮妃紀子様も訪れていたのか。
いやいやなんともお美しいお姿。


お土産屋コーナーなどもあったりする。


さて、温泉へと向かう。
国民宿舎はこの回廊沿いに部屋が並んでいる造りなのか。


見上げると立派な天守閣だこと。
結構お金かかってんじゃないかなぁ。


回廊を歩くと見えてきた男湯ののれん。
回廊に続くレッドカーペットがなかなかいい雰囲気。


これ、民間の施設なのかなぁ。それとも行政が関与しているのかなぁ。
なんて疑問がつきまとうほど立派なお城。


おや、誰も入ってないのかな。


ほほん、完全貸し切り状態だね。
泉質はpH値の高いアルカリ泉(単純硫黄泉)で、無臭、無色。
新陳代謝の向上効果があって体が温まるのだそう。
いや~本当の温泉に500円で入れるのはいいよね。


で、ほっこり温泉で体が温まった後は腹も減る。
ってことで近くに海鮮食堂があったので立ち寄る。
海鮮食堂「つなや」。
地元和歌山のスーパーエバグリーン海鮮部の直営食堂らしい。
せっかく和歌山に来たんだから海鮮食べないとな。


メニューを眺めるといろいろとそそられるものがあるが、ここはとりあえず海鮮賄い丼だろう。


ってことで海鮮賄い丼来たぞ~。
いい色合いだね。
しらす、サケ、たまごは分かるんだけど、他に盛られているのはいったいなんだろう。
まぁそんなことはさておき溜まり醤油をぶっかけていただく。
まぁそりゃ旨いですわな。

ってことで今日はこれまで。
ではでは。