暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

スナップシューターGRⅢを持ってDAHONでまたまたポタリング。

DAHON Route
さて、今日もDAHONで近所をポタリング。
今日は山方面まで、知らない道を探しながらどんどん進む。

山裾の住宅地は行き止まりが多いんだよな。
脇道に入っては行き止まり、脇道に入っては行き止まりを繰り返し、未知のルートを散策。

DAHON Route
すると、この道とつながっていたのかぁ。とか。
以前に来た道の先はここにつながっていたのかぁ。とか。

いろいろと新たな発見があるもんだ。

で、適当にあてもなく知らない道を走っていると・・・

鐸比古鐸比賣神社
以前に大阪柏原市の高尾山登山で訪れた鐸比古鐸比賣神社に出た。
こんな神社名絶対に仮名がないと読めないよね。

ぬでひこ ぬでひめじんじゃと読むんだなぁ。
神社の伝えでは創建が151年ととんでもない年代。
でも実際の年代は不明なんだけどね。

で、ここは野良ネコスポットでもあるんだなぁ。

野良ネコ

野良ネコ

野良ネコ

野良ネコ
う~む。
野良ネコの撮影はGRⅢではきびしいなぁ。

この子たちに近づけるのは3mが限界だなぁ。
まぁわりと近くまで許してくれている方だけど。

DAHON Route
さて、さらに探検は続く。
人1人しか通れないような場所ばかりを選んでどんどん進む。

DAHON Route
で、とうとう住宅地の限界まで登ってきた。
ここから先はもう登山という感じになる。

でもこの横に1軒住宅があるんだよね。
この道の状態から多分住んではいなのだろうけど。


いや~ここまで来ると結構山って感じになるもんだわ。
野鳥のさえずりも賑やかだし。

それにしてもDAHONは快適だ。
さすが折り畳みのミニベロ専門メーカーだな。

ついつい上位モデルが欲しくなっちゃう。

ってことで今日はこれまで。
ではでは。