暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

2021-03-11から1日間の記事一覧

1854年に起こった和歌山県の津波の教訓「稲むらの火」。かつては防災教材として国定国語教科書に掲載されていたので今の人にも知って欲しい。

津波の避難の標語といえば「津波てんでんこ」。が有名であるが、「津波てんでんこ」が出来るはるか前にも防災に対するとても良い教材があるので紹介をしたい。 それは1937年から10年間、国定国語教科書(国語読本)に掲載された。防災教材として高く評価され…