暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

スピリチュアルな場所で撮影をしているとカメラが度々故障をするという謎現象


さて、この写真は今日、奈良県の吉野の山奥にある丹生川上神社下社のご神木を撮影したもの。

この撮影直後、GRⅢがフリーズし、レンズが出たままでカメラの電源が落ちた。
なんど電源を押しても起動をしない。

先ほど、このご神木に手を触れて、「お金が貯まりますように」とゲスな願い事をしたからだろうか。

丹生川上神社は下社、中社、上社と分かれており、どれもスピリチュアルなパワースポットとされている神社。


こちらも撮影後にまたまたGRⅢがフリーズ。
拝殿の奥に階段があり、小高い丘の上に本殿があるが、その階段の屋根に注目。
屋根をぶち抜いてでも木を守るというのが八百万の太古の神様の信仰なんだな。

ものすごい強力な神様がいらっしゃるに違いない。


こちらは神馬。
雨を祈り「黒馬」が、晴を祈り「白馬」が献上されたのが由来なんだとか。
この神馬を撮影すると、またまたGRⅢがフリーズ。
なんだ、なんだどうなってんだ。

今日、私はこの神社に来る予定もなく、行きたいとも思ってなかったんだけど。
なぜか偶然にここを訪れている。

呼ばれたのか、呼ばれてないのに勝手に来たのか分からないが、こうも撮影のたびにカメラが不具合を起こすとなれば・・・

神社の神様が撮るなといっているのか、またまた、良からぬものが写るのを阻止しているのか。

偶然にこの神社に来て、偶然にカメラで撮影して、偶然にカメラが故障する。
この偶然はちょっと気になるな。


で、Lightroomにデータを読み込むと・・・
壊れたファイルが1つ。

これはいったい。

何が写っていたのだろうか・・・

で、帰ってきてGRⅢで撮影テストをすると何の問題もなく、パシャパシャ撮れるんだが・・・

やはり、何かしらのパワーが働いていたという事なのか。
ちなみにアップした写真で奇妙な写真ってないよね?

っていう体験をした今日この頃です。
ではでは。