暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

今日は久しぶりにのんびりゆったりとした一日でしたとさ。

f:id:kumakumakoara:20210228194233j:plain
さてさて、今日はのんびりとご近所散歩。
近所の緑地公園まで。

f:id:kumakumakoara:20210228194602j:plain
ミニベロ DAHONのRouteに乗って、GRⅢを持ってポタリング。
寒いんだか、暖かいんだかって感じ。
みんなレジャーシートを敷いて、のんびりと日向ぼっこだわ。
三密を避けて楽しむため、みんな緑地公園に集まってくるんだろうな。

f:id:kumakumakoara:20210228195141j:plain
GRⅢで適当に撮影をしていたら、偶然ヒヨドリが飛来してきた瞬間をとらえた。
羽と尾を大きく広げたこの姿を一眼で撮れればなぁ~。

でもそんな根気ないけどね。

f:id:kumakumakoara:20210228200847j:plain
で、ここ緑地公園内にある人口の池なんだけど、コロナが始まってから異変があるんだよね。

コロナ前はここでお年寄りが小鮒釣りを楽しんでいる姿を見かけたんだけど。
年寄り以外はまぁこんな市街の緑地公園の池で竿をだすのもちょっと恥ずかしいって感じなんだな。

それが昨年の緊急事態宣言の時に30代ぐらいと思われる一人の男性がタナゴ竿を振ってタナゴ釣りを始めたんだわ。

それを見た人が我々もタナゴ釣りを初めて、今では若い女性や子連れの若い家族まで、この池でタナゴ竿を振るようになった。

ちょっとしたタナゴブームが起きている。
これってコロナがなかったら絶対にタナゴブームは起きなかっただろう。

今日にいたってはタナゴ釣りを楽しむ家族連れの中に、本格的なタナゴ箱まで道具を揃えているつわものもいた。

いやいやこりゃ面白い。

淀川のワンドまで行かずとも、ここで極小の釣りの醍醐味が堪能できるというわけだ。

私もタナゴ釣りは好物なのだが、まだこの池でデビューをする勇気がない。
いつも釣っている人の釣果を眺めるだけなのだが・・・

これほど、老若男女が竿を出しているのなら、もう恥ずかしさはなさそうだ。

f:id:kumakumakoara:20210228202504j:plain
で、家に帰ってDAHONの清掃とメンテナンス。
1年ぶりぐらいで油汚れを落とす。

油汚れ落としといえば「WAKO'S BCスーパージャンボ」
これ、吹きかけるだけも油汚れがごっそりと落ちるのでおススメ。

でも今ネットで調べたらもうスーパージャンボではないみたいですね。
今はBCSJストロングジャンボに名前が変わっているみたい。
結構前に買ったんだが、今でもまだ健在なんだよなぁ。

f:id:kumakumakoara:20210228203302j:plain
チャリの清掃をしたら、綺麗になったのがうれしくて、続いてカメラの清掃も。
なんか久しぶりに家でのんびりしているなぁ。

そんな今日この頃です。
ではでは。