暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、4人家族と2匹の犬の日々の暮らしの顛末をお届けします。 趣味はカメラ撮影、観光、旅行、アウトドア、キャンプ、登山、アフェリエイトなどなど田舎暮らしに憧れつつも都心でミニマリスト的な暮らしをしている。 最近はシェア畑を借りて畑仕事もしつつ、ウィークデーはIT関連の仕事をしている者です。 よろしければ読者登録、ぜひぜひよろしく! ↓

泉佐野食品コンビナートでのサビキ釣りで20㎝以上のサバが大量に釣れる。

f:id:kumakumakoara:20180916194354j:plain

浮きを使ったサビキってあるんですね。

私が子供の頃にはこんな仕掛けはなかったような。

これなら少しでも沖側に仕掛けを垂らして、良型の魚が狙えそう。

 

f:id:kumakumakoara:20180916192918j:plain

って事で、サビキ釣りにやっていました。

写真はペットフードで有名なドギーマンの建物。

で、ここは何処かというと、泉佐野食品コンビナートという場所。

このポイントはほとんどの場所で竿を出す事が出来る、ファミリーにも人気のスポット。

 

この日は岸和田だんじり祭りの日だったので、道路が閉鎖されている個所も多く、迂回しながら泉州に向かうのでかなりの時間がかかってしまった。

 

f:id:kumakumakoara:20180916193514j:plain

f:id:kumakumakoara:20180916193522j:plain

今回竿を出すポイントはこんな環境。

足場から海面までの処理が近く、非常に釣りやすいスポット。

(始めて来たけど・・・)

 

足元の海面を覗いてみると小さなイワシの群れがボイルしている。

 

急いで仕掛けを付けて第一投。
いきなり竿の穂先がポキッっと折れるトラブル。
竿を買って一週間で壊してしまった。

 

f:id:kumakumakoara:20180916194928j:plain

そして竿を換えて、仕掛けを垂らすと・・・

 

f:id:kumakumakoara:20180916195321j:plain

すぐに小さなイワシが釣れるイワシの入れ食い状態。

 

f:id:kumakumakoara:20180916195442j:plain

f:id:kumakumakoara:20180916195453j:plain

サビキにイワシをかけたまましばらく様子を見ていると、浮きが海面からググーっと消し込むような当たり。

釣りあげてみると20㎝以上はあろうかと思うサバ。

 

f:id:kumakumakoara:20180916195637j:plain

この日はサバが大ヒットで、その後10匹以上ものサバを釣りあげました。

これぐらいのサイズがサビキで釣れると面白い。
魚の引きもかなり楽しめる。

 

サビキ仕掛けでこのサイズの魚を釣ったのは多分人生初です。

 

f:id:kumakumakoara:20180916200016j:plain

中には25㎝を超えるサバもゲット、またまた2匹同時ゲットというケースもあり、その引きをかなり楽しみましたよ。

隣で釣っていた家族が持って帰るというので、釣り上げた魚は全部おすそ分け。

 

f:id:kumakumakoara:20180916201939j:plain

イワシ、サバ、アジと3種類の魚が釣れた本日の釣果。
釣った時間:9月16日13時30分~15時30分の約2時間
イワシ:数えられないぐらい。
サバ:10匹以上。
アジ:1匹。

 

という具合でした。

ではでは。