暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

久しぶりのスマニュー砲がキター!でもちょっと策を講じて狙って書いた記事だったんだなぁ。

f:id:kumakumakoara:20200803202100j:plain

昨日書いた奈良県の観光地、洞川温泉の記事がスマニュー砲を受けてプチバズったんです。
ただ奈良県の洞川温泉に行って川魚を食べたんだぜ。
というだけの記事なんだけど。

www.smilejapan.jp

 

実はこの記事、はてブのホットエントリーを狙ってある策を講じたんですが・・・
まさかスマニュー砲までになるとは思わなんだわ。

で、その策とは・・・
観光地の紹介なんだけど、観光地の情報を一切書かないという策でございまして・・・
なぜそれが策となるのかって話なんですが・・・

あほな私はちょっと考えたんですよ。
日頃スマホで見る膨大な情報の中、文章量が多く、熱量マシマシの記事って、それほど興味のない人にとっては面倒な記事になる。

だからあえて、観光地の詳細な情報は書かず、とにかく写真を見てくれよ。
日本にはこんなに素晴らしい温泉地があるんだぜ!
(私の写真のクオリティの話じゃないからね。被写体の魅力のことだから)

って伝えたいことを絞ってみたんだ。

まぁとにかくカジュアルに。
「へぇ~。こんな場所あるんだな。」
「今はそれほど興味はないけど、とりあえずブックマークしとくかな」

ってな心理をちょっと意識してみたんだな。

まぁこの策が功をそうしたのか、どうなのか。
私の実験結果としてはある程度の成果を得たという感じ。

記事の熱量や質と記事の流通ってのは比例しないよね。
まじめに渾身の記事を書いてもぜんぜん読まれない記事もあるし、逆にカジュアルに書いた記事がバズるということもある。

誰に何をどう伝えたいのか。

まぁそんなことをまじめに考えてブログを書くのも面白いものでございます。
なんかまじめな話になっちゃたなぁ。
あほやのに。

最近まじめな話をした後にあほやのにをつけるのにハマっております。

この頃はコロナの感染者数が増加してますね。
まぁ感染者数の増加はさておき、重症化率と医療現場のひっぱくと経済の両立ってなかなか難しいものだぁと思う今日この頃です。
あほやのに。