暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

canonのカメラバッテリーLP-E6を充電するのに便利。TELESINのバッテリーチャージャーall in box

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
さて、今週Amazonから届いたもの。
TELESINのバッテリーチャージャー。
2,999円。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
箱を開けるとこんな感じ。
この手のガジェットって今でも当たり前のようにiPhone的なパッケージデザインがイケてるんじゃないのって感じで・・・なんとも分厚い紙の化粧箱なんだよなぁ。
ほんとアホなんじゃないの?

世界的にゴミの削減が課題なこのご時世で過剰パッケージ過ぎるだろ。
ゴミ増やしてるだけなんだけど・・・
どこにコストかけてんだよ!

と、こういうiPhone的パッケージをただ真似ろという短絡思考に、ほとほと無駄な資源が使われていることに腹立つわけだが。

これ、影響を与えたAppleの罪も重いからな!

まぁそれはおいておいてと。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box製品はこちら。
なんじゃこれ!
これがカメラのバッテリーチャージャーなの?
って思うデザインなんだよなぁ。

で、表面は食品グレードのシリコン樹脂で覆われており、このシリコン樹脂によって、IP54の防水基準を満たすわけだ。

なので雨の屋外でもバッテリーを保護するというもの。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
蓋を開けるとこんな感じ。
カメラバッテリーが2つ充電できるんだな。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
TELESINのカメラバッテリーチャージャーall in boxにはいろいろなカメラのバッテリー用が出ていて、よく見るのはGoPro用のもの。
今回私が購入したのはcanonのカメラバッテリーLP-E6に対応したもの。
canon以外にもsonyのバッテリーに対応したものもある。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
とりあえずバッテリーを2個装着してみた。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
入力端子はUSB3.0。
USB TYPE-Cの急速充電PD対応ならさらに良かったのだけど。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
満充電が赤色で充電中は緑の点滅。
スペックの説明を読むと、バッテリー1つの満充電が1時間30分。
バッテリー2つの満充電が3.5時間なんだとか。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
で、なんでall in boxというのかというと・・・
こちらSDカードリーダーでもあるんです。
SDカードをさすスロットが2つ装備されている。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
また、フタの裏側にはSDカードを収納することも可能。
まぁそれだけでall in boxって言っちゃうって感じもありますけれど・・・

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
何ともコミカルなデザインで、USBでカメラバッテリーの充電が出来るのは非常に便利。
車での移動中や、モバイルバッテリーやPCからでも充電が出来ますもんね。

TELESINのバッテリーチャージャーall in box
で、こうやってリュックにぶら下げるのもいい感じ。(ほんまにそう思ってんの?)
なんかワイヤレスイヤホンのバッテリーチャージャーを化け物レベルにでっかくしましたって感じなんだけど。

いやこりゃなかなか携帯性も良し、充電中はなんだかマスコットようにも見えて、只今頑張って充電していますって感じが何とも面白い。

こりゃ満足だわ。

ってことで今日はこれまで。
ではでは。