暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

奈良の彼岸花の撮影スポット。九品寺に行ったけど今年は赤い絨毯のような彼岸花が見られなかった。

彼岸花

九品寺
さてさて、今日は奈良県の彼岸花の撮影スポットで有名な九品寺(くほんじ)へ。

九品寺

九品寺
今日の天気は雲も多いけど晴れ間も望める空模様。
ちょっと撮影モチベーションも上がる。

と思ったら・・・

九品寺
こりゃ一体どういうことだ!
あの燃えるような赤い絨毯はどこにいったんだ!
えらいさみしい状況じゃないか。
で、思ったのは近年問題になっていた撮影者のマナー。
日の出の時間帯に撮影するために夜中から車で訪れる写真愛好家も多く、アイドリング音やしゃべり声がうるさく、そのマナーの悪さが地元地域で問題となったそうな。
いっそのことこの彼岸花の群生を無くしてしまってはどうか。
といった声もあり、とうとう悲しい結果となったのではないだろうか。
そんなことを思った。


カメラ愛好家が自らの行為で撮影スポットの存続を危機に追いやるというジレンマ。
ちょっと考えさせられる今日一日でしたとさ。
ではでは。