暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS7D markⅡを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。

奈良県明日香村にて、棚田の風景とか古い町並みとかサワガニとか

 

f:id:kumakumakoara:20180816195434j:plain

奈良県明日香村にやってきました。
家を出たのが遅かった。
2時に家を出て、1時間程度で来れる明日香村。

時間が遅いからか、お盆休みの最終日だからなのか、人が少ない。

とりあえずお昼ご飯を食べてないので腹ごしらえでもと思って近くのカフェや食事処を尋ねてみたところ、ランチは軒並み15時までの営業で食事が出来ずの状態。

 

あらら・・・

 

f:id:kumakumakoara:20180816200005j:plain

とりあえず駐車場前の売店のソフトクリームで腹を少々満たす。
これでエネルギーを充電して柿畑を登るのだ。

 

 

日本の棚田百選にも選ばれた稲渕の棚田

f:id:kumakumakoara:20180816200444j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816200933j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816201102j:plain

石舞台のある飛鳥歴史公園から農業道を登って行く。
登るごとに徐々に眼下に広がる明日香村の里の風景。

 

f:id:kumakumakoara:20180816200748j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816200805j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816200820j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816200836j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816200851j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816200910j:plain

飛鳥歴史公園よりに南に向かうと見えてくるのが稲渕の棚田。


日本の棚田百選であり、明日香村の美しい里山の情景と言えばここ稲渕の棚田です。
この地ののどかな田園風景が好きで、時間があるとついつい足を運んでしまう場所。

 

f:id:kumakumakoara:20180816201938j:plain

去年は柿の収穫シーズンに訪れたのですが、今はまだ柿は青い状態。

昨年、写真を撮っていると、柿農家のおっちゃんに「写真ばっかり撮ってないで、柿でも食べらどうだ。」と言われ、収穫したての柿をいくつかおすそ分け頂いた。

そんな人懐っこい人情と触れるのも里山を訪れる楽しみのひとつである。

 

明日香村の古い街並みを散策

f:id:kumakumakoara:20180816202340j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816202353j:plain

明日香村の駐車場から歩く事3分程度の場所。
ここは実は古民家カフェなんです。
「cafeことだま」

明日香村の食材が使われたランチを提供するカフェ。

昨年訪れてランチが美味しかったので今日もここでランチをしようと思ったのですが・・・

残念ながら今日に限ってお盆休みのようでした。

 

f:id:kumakumakoara:20180816202715j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816202727j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816202739j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816202752j:plain

この辺りにはカフェが数件あるのですが、ランチは15時までのところが多く、15時過ぎに到着した私はランチが食べれない状態。

トホホ・・・

また柿の収穫シーズンの時に訪れてみたいと思います。

 

夏休みらしくサワガニと出会う。

f:id:kumakumakoara:20180816203209j:plain

f:id:kumakumakoara:20180816203228j:plain

山から湧き出た水の用水路にてサワガニを発見。
夏らしい生き物を発見して、少々テンションが上がる。

しばらくサワガニ観察をしながら、私の夏季休暇も終わろうとしている今日この頃なのである。

 

古い街並みや自然も楽しめる明日香村は本当に美しい里山です。

 

ではでは。