暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

Go To Travel キャンペーンがいよいよ始まる。が、地方の人の本音は東京圏以外の人に沢山来てほしいじゃないかなぁ

f:id:kumakumakoara:20200713211722j:plain

さて、世間を騒がせているGo To Travel キャンペーンですが、
なぜこんな時期に?なんて騒がれているのはメディアが東京中心だからなのでしょうかね。

東北の人が京都に旅行に行く。
九州の人が北海道に行く。
そういうのもふまえてGo To Travel キャンペーンであって
何もGo To Travel キャンペーンが東京圏の方だけのキャンペーンではない。

とはいえ東京から来ました!
って言われると地方の人は「ギョ!」とするのも事実。

じゃ東京圏はステイホームで、地方の人達だけで観光業界の経済を回しましょう。
なんて言ったら「なんで今Go To Travel キャンペーンなの?」って騒いでいる東京圏の人達は激怒するのだろうけど。
でもそれが地方の本音なのだと思う。

旅行といってもいろいろスタイルがあるじゃない。
私の場合は家族旅行か一人旅しか想像しなかったけど。
親族一同でバスを貸し切っての旅行だとか・・・
団体ツアーだとか・・・

そんな旅行はまずダメだろう。
でも家族旅行や少人数での旅行なら問題ないんじゃないかな。

宴会とかもさすがにしないし。
飛沫に関しては夜の街のほうがよっぽど危険なわけだし。

で、県外への移動解禁っとなった時点でよっしゃー旅行に行くぞー!
ってことで7月の4連休に夫婦二人で旅館の予約を取ったのだけど・・・

それが下呂温泉なんだよね。

で、まさかの水害。
ここ何日間悩んだけど宿から特別連絡がないので行こうかと思う。
一泊二日夕食付で一人10500円なんだ。
なんかね、宴会場の近くの部屋だから安いのだとか。
いやいや今の時期、宴会している団体旅行者がいたら引くわ。


そこへ7月22日からGo To Travel キャンペーンのニュース。
あらまぁ宿泊代が安すぎてこりゃキャンペーン対象外だな。

まぁ来年の春までキャンペーンは続くらしいし、利用回数に制限がないらしいので、また別の旅行を考えようかな。

まぁそんなことを思う今日この頃です。

観光庁によるGo To Travel キャンペーンの概要はこちらhttps://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001351403.pdf