暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS7D markⅡを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。

なんばから日本橋、新世界といういつもの散歩コースを紹介する。

本日、家内が日本橋にて所用があるとの事で、荷物が多いので車で送迎をしてほしいとの事。

 

朝の10時から小一時間ほどの所用で出来れば日本橋界隈で時間を潰してほしいとのご依頼だった。

 

さてさて、家内を下ろした後、何処に向かおうかと思いながらも、とにかくこの近くで手ごろな駐車場を探す。

 

大阪日本橋の休日の駐車場事情というとおよそ30分で300円だとか、20分で200円というのが相場っぽい。

 

f:id:kumakumakoara:20180923211710j:plain

そんな中偶然40分200円の駐車場を見つけた。
まぁ偶然というよりも少し付近を車で散策しながら安い駐車場を探していたのだけれど。

駐車台数5台のうち、運よく1台空いていたのでこりゃラッキー。

f:id:kumakumakoara:20180923212025j:plain

そしてブラブラと日本橋を散策するものの、大概のお店は11時からの開店らしく、10時頃ではまだ開店前のお店が多い。

とはいえ人通りはそれなりにあり、何だかイベントでもあるのか行列が並ぶお店もある。

 

f:id:kumakumakoara:20180923212302j:plain

とりあえずブラブラと道具屋筋を通ってなんばグランド花月前まで来た。
ポケモンでもしているのであろうか、スマホでシュシュっと指を動かす自転車のおじさん、おばさんが多数。

いったいこの界隈でどのようなポケモンが捕獲できるのであろうか。

 

何かと時間つぶしで訪れる事の多いなんばグランド花月界隈。

とりあえずグランド花月の裏にある駐車入り口沿いの路地に行けば芸人さんに会う確率が多く、裏に回っていつもの私の散策コースへ。

 

で、本日であったのは佐藤太一郎さん。

profile.yoshimoto.co.jp

 

黒門市場からなんばグランド花月までの道ではいろいろな吉本芸人さんに出会う事が出来る。
全国で名の知れた芸人さんやら、地元で活躍している芸人さんやら。
出会った時はとくに声を掛けたりはしないのだけれども、同じ空間にいる事の面白さというか、少しミーハーなのかも知れないけれど生で見たぞ的な。

で、いつもなんばグランド花月の裏のコロッケを食べるのが習慣なのだけれど、もうなくなったみたいだ。

 

 

f:id:kumakumakoara:20180923214109j:plain

なんばブランド花月を後にし、味園ユニバース通り。

黒門市場へと向かう。

台風21号での関空での被害で観光客が激減しているという黒門市場。

現在どのような状況なのか気になったので。

 

今現在の黒門市場の状況はアジアの観光客で以前のように賑わっていた。
写真を撮るのをためらうほど人だらけだったので写真を撮っていない。

まだまだ台風の影響は残るものの、着実に観光客の回復を感じるのである。

 

f:id:kumakumakoara:20180923214805j:plain

そして場所は変わって新世界へ。

f:id:kumakumakoara:20180923215518j:plain

f:id:kumakumakoara:20180923215527j:plain

この日は新世界商店街にて週末のセルフマーケットの日。

毎週日曜日にはシャッター通りとなった新世界商店街にて、値札のないフリーマーケットが開催さてています。

 

「これ、なんぼ?」というのがマーケットのコンセプト。
買いたい人と売り主とのコミュニケーションを通して価格交渉をするというマーケットです。

個性的な手作り品などが販売されています。

 

f:id:kumakumakoara:20180923220026j:plain

それにしても今日は観光日和の良い天気。
ブラブラ散策しているだけでも汗が流れるほどのお天気です。

 

f:id:kumakumakoara:20180923220449j:plain

f:id:kumakumakoara:20180923220459j:plain

特に目的もないのですが、ブラブラと新世界へ。
新世界も観光客が戻りつつある。

台風の甚大な影響から活気が戻りつつある大阪を感じる事が出来ました。

 

f:id:kumakumakoara:20180923220705j:plain

f:id:kumakumakoara:20180923220716j:plain

f:id:kumakumakoara:20180923220726j:plain

このど派手な看板からして、新世界は確実に第二の道頓堀化しているな。
このまま観光地の勢いが増せば、大阪市は広大な道頓堀になりそうな勢いだわ。

 

そんなことを思う今日なのでありました。
この写真を見ると地元以外の人は新世界と道頓堀の違いが分からないのかも知れない。

 

ではでは。