暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS Rを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。

ミニベロDAHONで久々のポタリング

f:id:kumakumakoara:20190316202809j:plain

さてさて、久しぶりにDAHONでぶらぶらポタリング。
マンションの駐車場にて約1か月出しっぱなしにしていたので、雨の影響もあり少々汚れが・・・

やはり車に積んで保管しておけば良かった。
っていう事でササっとDAHONを洗車し、ブラブラと2時間ほどポタリング。

やってきたのは山の麓のとある神社。

 

境内まではなかりの階段が・・・

 

なんとか長く続く階段を昇って境内まで・・・

こりゃいい運動になるわ。
自転車での運動+階段運動まで。
ここぞとばかりにカロリーを消費してみる。

 

ここは兎と龍を御祭する神社。
良縁祈願の神社なのだとか。

しばらくこの神社にて小休憩。

 

さてさて、目指すは子供の頃によく釣りをしていた山の中の野池へ。
急な坂を自転車で登り、車両禁止の道で自転車を押しながら山を登る。

 

野池に到着。

 

この池ではカワセミを見たこともある。
しかしながら今日は残念ながらカワセミはいないようだ。

温かくなると近所の子供たちがバス釣りに来るローカルな野池。

大人になって何度かのべ竿を出したことがことがある。
子供の頃と同じ、やはりブルーギルがほとんどで、たまにモツゴらしい魚がかかる。

 

この場所はいつ来てもへら師が数人竿を出している。
常連さんだと思われる。
しばし釣りの様子を眺めていると、30㎝以上のヘラブナがかかった。

この日はすでに数枚のヘラブナを上げているらしかった。

釣りはフナに始まりフナに終わるというけれど、この二人の会話をなんとなしに聞いているとやはりそうらしい。

アマゴにハマり、アユにハマり、今はこうしてフナ釣りをしているらしかった。
でも本人は別にフナにハマってはいないと言う。

手軽だからそうしているだけの事だと・・・

まぁそういう事情も踏まえてフナに始まりフナに終わるのかも知れない。
いやいや魚釣りも奥が深いものである。

まぁそんな事を思った今日一日です。
ではでは。