暮らしの顛末(くまくまコアラ)

40代サラリーマン、Canon EOS RとRICOH GR IIIを愛用して観光地巡りやら旅行、アウトドアで風景写真やらを撮っているミニマリストのブログ。愛車は1号機DAHONのRoute。2号機Kawasaki Versys-X250。3号機TOYOTA のプリウス

政府が緊急事態宣を発令したってことは極端に言うと生き残りをかけた生存競争が始まったってことでしょ。

f:id:kumakumakoara:20200409173040j:plain

f:id:kumakumakoara:20200409173051j:plain

みなさん引きこもってますか~!
致し方のない用事以外は極力引きこもっている私です。

そして引きこもり初日で気づいたこと。
髪の毛の寝ぐせって、夕方になっても直らないもんなんですね。
こんな毎日だとどんどんだらしなくなりそうだわ。

とにかくコロナが終息傾向に向かわないと緊急事態宣言が解けないので、ここは踏ん張りどころ。

中途半端に経済を動かすより、一気に約一ヶ月間の冬眠をしたほうがいいと思うわけです。
売り先もないし、加工材も入ってこないという製造業も多いはず。
航空会社、旅行代理店、観光バス、タクシー、旅館、外食産業などもジワジワと中途半端に長引くよりも、スパッと冬眠し、早急に終息に転じた方がダメージは少ないのだと思う。

どうやら政府の保証を待っていると貧乏くじを引くことになりそうだし。
政府は保証金を払えないだろう。
だったらいつまでも保証金の話を期待していたらダメだわ。
もう保証はあきらめて違う生き残り作戦を考えよう。
各種業界団体は政府に保証を懇願するよりも率先して自主冬眠状態になるよう足並みを揃える自衛行動に転じた方がよさそう。

これはもうどう生き残るのかの生存競争っぽいし。
国が保障しきれる状況ではない。
だったら傷がこれ以上悪化しないよう自力で止血に全力を投じるしかない。

日本全体が病んだ状態なのだろう。
みんな病んでいるんだから、誰も助けようがない。

潔く自ら決断しないと・・・
政府の判断を待っていては遅いような気がする。
法律では自粛要請しか出来なく、あくまでも強要ではない、罰則、罰金もない。

だが、政府が緊急事態宣を発令したってことは生き残りをかけた生存競争が始まったってことでしょ。
だから緊急事態なんですよね。
これまでの災害でも緊急事態宣言は出なかったので・・・
国民の危機にということでしょ。
だったらまずは危機回避に全力をかけて、終息後にいち早い経済の回復に尽力すべきなのでは・・・

今のような経済への景況を最小限に抑えるような対策では、大東亜戦争時のようにジリジリをじり貧になるような気がする。

 

f:id:kumakumakoara:20200409182945j:plain

f:id:kumakumakoara:20200409183005j:plainで、一日中家にいる私をちょくちょく見ながら・・・
なんでこいつ平日の昼間に家にいるんだ!
って顔の我が家の犬たち。

ブログを3年間ほど継続していますが、この記事で我が家のワンちゃん初登場!
実は老犬2匹が我が家にはいておりまして・・・
別に隠していたわけじゃありませんけどね。

でもこの自宅待機の状況を機会に我が家の暮らしぶりが露呈していきそうな・・・
まぁ別にそれはそれでいいでしょうけど。

そんなの需要あるのかなぁ。

そんなことを思う今日この頃です。
ではでは。